欧州連合(EU)は、仮想通貨犯罪に対する罰則を科すことを望んでいる

仮想通貨関連の犯罪に対する罰則について (EU)

仮想通貨犯罪の罰則を準備

欧州委員会は、仮想通貨を含むサイバー犯罪に対する新しい罰則を提案するよう準備を進めている。

欧州連合(EU)の執行幹部は、昨日のリリースで、デジタル犯罪に焦点を当てた新たな指令を導入する意向を明らかにした。その計画の一部には、そのような犯罪撲滅の先頭に立つ欧州のサイバーセキュリティ機関の創設が含まれるだろう。

この提案には、ランサムウェア攻撃を含む、関連するサイバー犯罪に関与している人たちに対する罰を強化する計画が含まれている。

EUは、仮想通貨関連犯罪の強化に取り組むと提言

欧州委員会は、「提案された指令は、情報システムに関連する犯罪の範囲を仮想通貨による取引を含むすべての支払い取引に拡大することによって、この犯罪の形態に取り組む法執行当局の能力を強化する」と述べた。

EUの指導部がこの方向に進むことは、EU圏内における仮想通貨導入をより厳密に規制するという動きを考えると、おそらく驚くべきことではない。

EU内での規制変更の必要性

さらに、仮想通貨に関連するEU規制への可能性のある変更は、ランサムウェアを含む犯罪を凌駕して拡大する恐れがあると公開文書が示している。欧州連合(EU)の「仮想通貨に関連する詐欺」の概要を明らかにした別のリリースでは、現行の法令には、仮想通貨関連の犯罪に対応するための準備がないという。

仮想通貨詐欺の犯罪化に関する現行の規則は、2001年の理事会フレームワーク決議に記載されており、 これらのルールは今日の現実を反映しておらず、バーチャル通貨やモバイル決済などの新たな課題や技術開発には十分に対応していないことが明らかになった。

出典:https://www.coindesk.com/eu-wants-beef-penalties-cryptocurrency-crimes/

関連記事

  1. トランプ政権により、アメリカはブロックチェーンへの介入度合いを増やす

  2. これは政治的問題だ:なぜ中国が仮想通貨を嫌いブロックチェーンを好むのか

  3. リップル (Ripple) がイーサリアムを抜き、仮想通貨の時価総額2位に浮上

  4. 仮想通貨「ダッシュ (DASH)」のポテンシャル 1年で8000%の上昇

  5. ビットコインはマネーロンダリングを増やす原因になるかもしれない

  6. BITCOIN GOLD(ビットコインゴールド):世界で1番大きな仮想通貨が分裂しようとしている