JPモルガンのCEO:仮想通貨は無意味なものと発言

仮想通貨は”無”から作られた、全く価値のないもの

仮想通貨の危険性

元JPモルガン チェース銀行CEOのJamie Dimon氏が仮想通貨は意味がないものだとインドのニューデリーで行われたインタビューで答えた。またDimon氏は仮想通貨市場の成長に従って、国家がこれを管理・禁止するようになり、最終的には仮想通貨の使用者は刑務所に送られるようになると警鐘を鳴らす。多くの国ではこれに当てはまることは今のところないが、中国に関しては説得力のある内容だ。

一般的な通貨(法定通貨)と仮想通貨

Dimon氏は仮想通貨は”無”から作られたものであり全く価値のないものだとインタビューで答えた。これに対し、国が発行している通貨(法定通貨)も何もないところから作られていることを考えると法定通貨も無意味なものなのかと記者が質問。確かに法定通貨も”無”から生まれてきていることに違いはなく、ベネズエラのように無限に通貨を発行してしまっているようなインフレ国家にはこの理論が当てはまる。

しかし一般的に国が発行している法定通貨は事情が違う。ビットコインのようなユーザの総意によって運用される通貨に対し、例えば米ドルは国家がその価値を補償しているため無意味なものではない。Dimon氏は具体的に「国家の補償なしに作られる通貨と国家の補償がある通過には大きな違いがある」と答えた。従ってDimon氏は法定通貨も仮想通貨も無から作られている点については否定していない。

実はJPモルガンは仮想通貨を買っていた

Dimon氏のビットコインには意味がないというこの発言は仮想通貨市場に一定の影響を与えるに至った。その為、Dimon氏の発言によってある企業は彼らのビジネスに損失をもたらされたとして提訴を行っている。

そして皮肉にもDimon氏の発言の直後、JPモルガンは最安値でビットコインを購入したというニュースが世の中を騒がせた。つまり国家が仮想通貨の使用を禁止することでJPモルガンは大きな被害を被ることは間違いないだろう。

出典:https://cointelegraph.com/news/ceo-of-jp-morgan-chase-warns-govts-will-ban-bitcoin-crypto-worth-nothing

関連記事

  1. アジア人に支持される仮想通貨「リップル」時価総額3位の実力

  2. GMOが独自の7nm、5nm、3.5nmの専用ビットコインチップに100億円投資

  3. ビットコインへの通貨の流入は一時的なバブルなのか: マイク・ボグラーツ

  4. 仮想通貨 ビットコインキャッシュ (Bitcoin Cash)が24時間で80%の急騰

  5. 2017年はビットコインの年だった、2018年はイーサリアムの年になるか

  6. 仮想通貨市場に影響力のあるノボグラーツ氏が仮想通貨向け銀行の設立