広がる確証のない噂『アマゾンが10月までにビットコイン決済に対応する』

広がる噂「アマゾンがビットコイン決済に対応する」

公的なアナウンスは一度もなされていない

今年の10月に、アマゾンがビットコイン決済に対応するという噂が広まっている。この噂は、squawker.orgが最近発表した記事から始まっているようだが、アマゾンが財務的な理由からビットコイン決済対応に踏み切ると示唆するいくつかの調査結果もある。しかし公的な発表は一度もなされていない。

アマゾンの噂の発信源

squawker.orgの記事は、投資家であるジェイムズ・アルトヒャーの発言に言及している。これによると、アルトヒャーは経験豊富なトレーダーであり、発表前の情報を沢山持っていると信じられている。記事にはこう述べられている。

「ジェイムズ・アルトヒャーは20を超える会社の共同創立者であり、11冊もの本を書いており、いくつもの大手の通信誌への寄稿なども続けている。またヘッジファンドのマネージャーであってベンチャーキャピタリストであり、積極的な行動主義者であり、ブロガーでありポッドキャスターであり、有料のメーリングリストの運営も行っている。アマゾンの情報も関係筋として持っている」

この手のお話は長い目で見れば想像も付かないという類いのものではありません。ネット上の個人がビットコインを使い始めれば、Amazonだってその優越的な地位を守るためにビットコイン決済を取り入れるでしょう。OverstockのCEOであるパトリック・ビルネは言いました。

「アマゾンと言えど、この流れには従わざるを得ないでしょう。そうしないと言うなら私は驚きます。世界最大の小売サイトがビットコイン決済に対応しないことで個人顧客のマーケットを逃すなんてことはありえません。」

個人がビットコイン決済を取り入れる潮流に、アマゾンも逆らえない

この潮流は、Overstockを含むエンタープライズレベルのテクノロジー企業でも始まっている。GoogleAPIチュートリアルの中身を読むと、ネット世界の巨大な怪物がグーグルストア等でビットコインでの決済を受け入れつつあるということが誰でも確信できる。PayPalなどの他の企業も同様の事を始めている。

今年の夏頃、アマゾンのCEOであるジェフ・ベゾスに対して、仮想通貨での決済を初めて欲しいと多くのユーザーがリクエストしていました。10月26日のThe next earnings conference call(アマゾン内の経営企画会議的なもの)では、何か動きがあるかもしれません。

現時点でこの噂は、出ては消えていく類いのものです。しかし、アマゾンがビットコイン決済を受け入れる日のことに思いを馳せるのは楽しいことです。ビットコインや他の仮想通貨での決済が広がるにつれて、小売業者は立場を維持する為にこれらを受け入れざるを得なくなるでしょう。

出典:https://cointelegraph.com/news/unverified-rumor-circulating-that-amazon-may-accept-bitcoin-by-october

関連記事

  1. 仮想通貨大国の韓国で取引を禁止する法案を準備 取引所も捜索

  2. これは政治的問題だ:なぜ中国が仮想通貨を嫌いブロックチェーンを好むのか

  3. Amazon (アマゾン)とInstagram (インスタグラム)と暗号通貨

  4. ブロックチェーンはどのように暮らしを豊かにするのか

  5. ドバイは仮想通貨を発行する最初の国家となるだろう

  6. 仮想通貨メディア情報

    仮想通貨ニュース速報を手に入れろ!仮想通貨ニュースの情報源まとめベスト85【2018年最新速報まとめ版】