中国のビットコイン規制の間、日本政府はビットコイン交換を取り込んだ

中国のビットコイン規制の一方、日本政府はビットコインに寛容

中国によるビットコインの規制

10月初め、日本の仮想通貨取引所が継続的で確固たる地位をマーケットに築くであろう。 9月初め、中国政府がビットコインをはじめとする仮想通貨の規制を行い、ビットコインキャッシュ、OKコイン、そしてHoubiのサービスを停止に追い込むために動き出した。

この規制によりそれら通貨は実質的に使用不能になる自体により、中国は世界のビットコイン産業・マーケットより完全に隔離されたことを意味する。したがって、中国の大多数のマーケター、トレーダーや起業家はマーケット周辺から撤退をした。その中国のビットコインに対する経済的な隔離規制により、日本と韓国におけるトレードの占有率は拡大し、特に日本はアメリカを抜き、世界一位のマーケットへと拡大した。

他の仮想通貨を含めるビットコインマーケットのデータによると、日本は世界の44%を占めるマーケットを手にしたようである。

ビットコイン取引所開設に対するライセンス化による規制が必要だ

中国とは違い、日本はビットコイン交換に関しては信頼のできるポジションを取り続けてきた。世界的な仮想通貨取引所の規制に対して、日本政府は10月に一時的にビットコイン交換所を監視下に置くことを示す考えを示した。調査による情報によると、日本政府は効率的に仮装取引所に関するライセンスプログラムを施工するようだ。

あるインタビューによると、発足予定の金融庁のビットコインに関する機関は、Japan Timesで、『ビットコインの成長よりもマーケットの整備に注力する』と述べた。その機関は『マーケットの発展と整備の強化を目指す』と述べた。

最近、ビットフライヤーやGMOなどのようにビットコインだけでなく独自通貨を取引する企業を含むビットコイン取引所はデイリーレポートを提出することを日本政府から求められるであろう。調査の完了において、日本政府はKYC(Know-Your-Customer)やAML(Anti-Money Laundering)システムを用いたライセンスプログラムを施工するであろう。

禁止ではなく成長に向けたポジティブな指針だ

 ビットコインや仮想通貨の日本政府の調査や整備は成長に向けた1つの指針と考えることができる。今週はじめ、ECB(ヨーロッパ19ヶ国で金銭的なポリシーを掲げる管理機関)の代表、マリオ・ドラギはピアトゥーピアプロトコルとしてのビットコインは規制や管理ができないものだと主張した。しかし、『彼はマーケットが未だ成長していないのでビットコイン周辺のフレームワークは未だ興味のあるものにはないと考える』と述べている。

日本政府の興味は仮想通貨ビットコインや仮想通貨のマーケットの整備や成長のためにデモンストレーションを行うことにあり、両方とも、地方的にもグローバル的にも急激なレートの変化において未成熟ではなく、成長過程にあると考えている。

出典:https://cointelegraph.com/news/while-china-bans-bitcoin-exchanges-japanese-government-embraces-them

関連記事

  1. 世界最大のヘッジファンド創設者 ダリオ氏:仮想通貨 ビットコインは「バブル」

  2. 広がる確証のない噂『アマゾンが10月までにビットコイン決済に対応する』

  3. これは政治的問題だ:なぜ中国が仮想通貨を嫌いブロックチェーンを好むのか

  4. 仮想通貨「ダッシュ (DASH)」のポテンシャル 1年で8000%の上昇

  5. ロシアが仮想通貨「CryptoRuble(クリプトルーブル)」を発行へ|その目的とは

  6. トランプ政権により、アメリカはブロックチェーンへの介入度合いを増やす