ロシアが仮想通貨「CryptoRuble(クリプトルーブル)」を発行へ|その目的とは

世界に先駆けてロシア政府が仮想通貨クリプトルーブルを発行

 

仮想通貨といえばビットコインやイーサリアムなどが一般的ですが、今回ロシア政府によって発行される予定のクリプトルーブルは、従来の投資目的の仮想通貨とは少し性質が異なるようです。

果たして国の中央銀行で発行される仮想通貨クリプトルーブルは、投資家に支持され世界に普及することはできるのでしょうか?

ロシアの仮想通貨クリプトルーブルとは

マイニングできない政府管理の仮想通貨

例えば、ビットコインはマイニング(採掘)によって得ることできますが、新たに誕生する仮想通貨のクリプトルーブルはマイニングをできない仕組みとなっています。

また、クリプトルーブルの発行はすべて政府側で管理がなされるようです。

このクリプトルーブルは、ロシアの法定通貨ルーブルと交換することも可能ですが、出所が不明のものに関してはその際に13%の税金が課されることになります。

また、仮想通貨の取引で得た利益に関しても、同じく13%の税金を支払う必要があるというのです。

ロシアから他の仮想通貨を追い出すための手段

ロシア政府が独自の仮想通貨「CryptoRuble(クリプトルーブル)」の発行をする、非公開の会議でプーチン大統領がこれを決定し、ニコライ・ニキフォロフ通信情報大臣が公に発表しました。

クリプトルーブルを発行することになったその理由として、ニキフォロフ氏は以下のように話しています。

「今、ロシアがやらなければEAEC(ユーラシア経済共同体)加盟国のどこかが、独自の仮想通貨を2ヶ月後には発行してしまうからです。」

この発表は、ロシアが仮想通貨の世界に参入することを意味しますが、決してビットコインや他のアルトコインの肯定または合法化ではありません。

それどころか、プーチンは最近ロシア内のすべての仮想通貨を完全に禁止するよう求めています。

出典:https://cointelegraph.com/news/breaking-russia-issuing-cryptoruble

プーチン大統領、仮想通貨の可能性を認めるも、投資対象としては否定的

以前からロシアでは仮想通貨や、それの根幹技術であるブロックチェーン技術などの研究を進めてきましたが、プーチン大統領はビットコインなどについてリスクが高いことを警告していました。

「国によっては仮想通貨は投資としてだけでなく、すでに決済方法として利用されており、ロシアの中央銀行とも議論してきたので、中央銀行側の立場も認識している。」
「詐欺や犯罪、脱税、テロ資金などの資金を洗浄するおそれがある。」

と話し、制限されることなく無数に発行されているものがあることや、システムのエラーなどが起こった際に責任を負う立場の者がいないことについても警告をしました。

ちなみにプーチン大統領は仮想通貨に早くからその可能性を見出し、イーサリアムの開発者であるVitalik Buterin氏と対談を行ったことも話題となりました。

ロシア連邦中央銀行の第一副総裁、Sergei Shvetsov(セルゲイ・シュベツォフ)氏は10日、ロシア政府がビットコインやイーサリアムのような仮想通貨を取り扱う、仮想通貨取引所のサイトへのアクセスを、制限することを明らかにしています。

「市民や企業にとって、投資対象としての仮想通貨の使用は、非常にリスクが高いと考えている。」

出典:https://www.rt.com/news/406269-cryptocurrency-risks-terrorism-putin/

まとめ:ロシア政府にはメリットの多い仮想通貨クリプトルーブル

今回のルーブルの暗号化はビットコインなどの仮想通貨の利用を認めているものではなく、脱税や犯罪など不正に得た資金などをマネーロンダリング(資金洗浄)できないようにするための対策と見られます。

既存の仮想通貨のリスクが高いということは、それだけ高騰する可能性も高いわけです。その仮想通貨に将来性がありどれだけ価格の変動が起こりうるか、投資家たちの興味をひく理由がそこにあるのではないでしょうか。

国家としては自国の仮想通貨発行は急務でしょう。一方で我々一般市民にとって、現時点で中央銀行発行の仮想通貨に投資対象としてのメリットは少ないように感じます。

尚、クリプトルーブルの発行開始時期や日本からどのような手段で入手できるようになるのか、詳細はまだわかっていません。

関連記事

  1. スマホの動きが遅くなった?ハッカーが仮想通貨のマイニングをしているかもしれません

  2. 仮想通貨市場に影響力のあるノボグラーツ氏が仮想通貨向け銀行の設立

  3. Bitcoin (ビットコイン)は2018年に1000万円を超えると、昨年の価格上昇を予測したアナリストの発言

  4. 広がる確証のない噂『アマゾンが10月までにビットコイン決済に対応する』

  5. ドバイは仮想通貨を発行する最初の国家となるだろう

  6. 資産家ピーター・ティール氏が保有との報道を受け、ビットコインが上昇