ビットコインゴールドとSegwit2xの動向

ビットコインゴールドとSegwit2xの動向

ビットコイン最高値を記録

ビットコインに関する最後の記事から時間が経ってしまったが世界の最前線を走っている仮想通貨であるビットコインの価格がまた最高値を記録した。

今回は1ビットコインの価格が6200米ドル(70万円)を記録した。

ビットコインの今後の価格

ビットコイン取引所であるBitstampによればその後も6100米ドルでビットコインは推移し、総時価総額は1030億ドル(11.7兆円)に達した。土曜日には一時6000米ドルまで下降したビットコインの価格は24時間しないうちに上昇傾向に再び持ち直した。

そしてアナリストらは依然としてビットコインの価格は上昇を続けると予測しており、今回の出来事はビットコイン投資に消極的な投資家たちに説得力のある事例となった。

さらにFoundstrat GlobalアドバイザーであるTom Lee氏はビットコインの価格は今後5年で2万5000米ドルを上回ると予想しており、これは控えめな予想ではないと話している。

ビットコインゴールドとSegwit2x

大手ビットコイン取引所のCoinbaseの発表によると、ビットコインの分裂作業は秘密裏に既にはじまっておりビットコインゴールド(BTG)が存在していると明かした。

現時点でこの事実を知っていたのはビットコインゴールド開発チームのみであり、ビットコインのブロック番号491,407に達した時点から新たに発掘された通貨が公的に利用できるようになる。そしてブロック番号491,407に達するのは水曜日になるとの予測だ。

水曜日に予定されているビットコインの分裂はこれまでの典型的な仮想通貨分裂とは異なり、初めてビットコインゴールドが発掘される記念すべき日となる。

一方でビットコインゴールドが正当な通貨となりえるのかを懐疑的にみている人は多くいる。

なぜならば仮想通貨であるビットコインゴールドを形作るソースコード(プログラム)が今時点では公開されていない上に、一般公開される前に一部の開発者がすでに数万ブロックを発掘しているためだ。

ソースコードが一般に公開されないことは大きなセキュリティ上の問題だとしてCoinbaseはビットコインゴールドを同取引所で取り扱わないことを発表している。その代わりにSegwit2xという技術を使ったビットコインのハードフォークを11月からサポートしていく予定だと公表している。

Coinbaseに所属しているDan Romero氏によるとブロックチェーンの安全性と安定性の確認が出来次第、Segwit2xを利用した新規通貨へのアクセスを有効にするが新たにリスク等が見つかった場合はサービス提供開始がずれ込む可能性があるとも言及している。

出典:https://hacked.com/we-have-to-talk-about-bitcoin-again/

 

関連記事

  1. 資産家ピーター・ティール氏が保有との報道を受け、ビットコインが上昇

  2. 中国のビットコイン規制の間、日本政府はビットコイン交換を取り込んだ

  3. Gemini

  4. 広がる確証のない噂『アマゾンが10月までにビットコイン決済に対応する』

  5. BITCOIN GOLD(ビットコインゴールド):世界で1番大きな仮想通貨が分裂しようとしている

  6. リップル (Ripple) がイーサリアムを抜き、仮想通貨の時価総額2位に浮上