ビットコインへの通貨の流入は一時的なバブルなのか: マイク・ボグラーツ

ビットコインへの通貨流入は一時的なバブルなのか

現在のビットコインは1つのバブルである

元フォートレスインベストメントグループのマイク・ボグラーツ氏は50兆ドル規模の暗号通貨、ICO、またその関係の企業への投資を専門とするヘッジファンドを設立する見通しである。

 仮想通貨に対して前向きな投資家は感覚的なものと願いのようなものが大きいと考えられるがビットコインの存在はとても大きなチャンスだと捉えていると共に、これら全ては大きなバブルのようなものとも捉えている。

 15兆ドルもの自己資金を投資し、それを35兆ドルまで彼のファミリーオフィスを使用し、引き上げたことによると、ボグラーツ氏は口を出したことには資金を財産家と信仰の深いヘッジファンドのマネージャーに提供し、公約の裏付けをしているようです。

私たちの人生における最大のビットコインバブル

もしボグワーツ氏の50兆ドルファンドが成功した際、ビットコイン業界では最高の成功となるでしょう。しかし、ウォール・ストリートジャーナルからの追放を課された投資家(ボグワーツ氏)は興味深い仮想通貨の視点を持っていました。

『ビットコインの価値はこれからどんどん上がって行くでしょう。その過程でかなりの額を稼ぐことができます。』

 ボグワーツ氏は大胆でせっかちなことに名高く、そしてビットコインの価値の大胆で移り変わりやすい変動は極めて彼に合ったマーケットと言えるでしょう。また、彼はこのような言葉も残しています。

 『私は5000ドルか4980ドルで売り、その三週間後にそのビットコインを3000ドル以下で購入しようとしました。あなたがそれに向いていて、熱中してトレードができるのなら、とても楽しいでしょう』

ビットコインバブルにおける信頼性

 昨今、ビットコインの黎明期より関わっている人の間でビットコインと他の仮想通貨の間では正反対の見解があります。ジェーミー・ダイモンやJPモルガンのような人々は『ビットコインは詐欺である』と避難をしていましたが、しかし彼らは『仮想通貨とブロックチェーン技術の可能性』について期待している側面もある。

そして、ビットコインの可能性を信んじていない派の人々は中国における事例を元に意見を乗り換えている。しかし、ダイモンに二面性があるように、中国で起きたビットコインの消失はチャンスとも捉えられている。

ボグラーツ氏は『様々な方面で、他のものと同様にこれはマーケットなのだ。また、このチャートにはインドネシアのルピーやドルと円のチャートのそれのように心理的な恐れや憎しみを見ることができる』と述べている。

出典:https://cointelegraph.com/news/bubble-or-not-theres-money-to-be-made-off-bitcoin-mike-novogratz

関連記事

  1. リップル (Ripple) がイーサリアムを抜き、仮想通貨の時価総額2位に浮上

  2. 仮想通貨リップル (Ripple)が425円を超える 一ヶ月で16倍以上に高騰

  3. 仮想通貨「ダッシュ (DASH)」のポテンシャル 1年で8000%の上昇

  4. イスラエルで政府による仮想通貨の発行を検討

  5. トレンド分析で選ぶ、今投資すべき5つのアルトコイン

  6. ロシアが仮想通貨「CryptoRuble(クリプトルーブル)」を発行へ|その目的とは