ドバイは仮想通貨を発行する最初の国家となるだろう

ドバイ政府による仮想通貨の発行

政府による仮想通貨の発行

ドバイの地方自治体は、地元のニュースメディアによると、イーエムキャッシュといわれる仮想通貨を正式に発行し始めた。イーエムキャッシュは、政府内のサービスや政府外のサービスということに関わらず、支払いに使用される。

ドバイ経済局の幹部であるアリ・イブラヒム氏は、「仮想通貨は、毎日のコーヒーや子どもたちの学費から公共料金や両替まで、政府でも政府と関係のないさまざまな支払いに使用できる法律のお墨付きを与えられた貨幣だと考えられている。」といった。

ドバイ政府によるブロックチェーン技術の取り込み

仮想通貨の柔軟性や便利さは、ドバイにとっての課題解決を容易にするであろう。ドバイ政府は、ブロックチェーンを技術革新のパラダイムシフトを起こすものとして見ていて、ブロックチェーンを利用することを前向きに考えている。

イブラヒム氏は「技術を進歩させるため、常に変化する環境とその素晴らしい意思は、ドバイをビジネスを行うのに最適な場所にしている。このブロックチェーンを利用するプロジェクトは、われわれが必然的に創造するすべての経済システムとともに、今後偉大な例となるであろう。政府だけでなく、ビジネスやそのお客さまも同様に、このブロックチェーンの技術のドバイへの取り入れ、強大な強みをデモンストレーションすると同時に、金融システムをより安価に、より速くさせ、より安全にするためにブロックチェーンの技術を活用するであろう。」と述べている。

さまざまなサービスへ使用されるシステムとしてのブロックチェーンの技術は、ドバイで広く利用されている。ドバイは東洋でのフィンテックでのハブになることを目指し、最近ビットコインでの支払いを土地の売買で認めるようになった。現金等は不要で、すべてビットコインで支払えるという。

出典:https://cointelegraph.com/news/dubai-will-issue-first-ever-state-cryptocurrency

関連記事

  1. 欧州連合(EU)は、仮想通貨犯罪に対する罰則を科すことを望んでいる

  2. 仮想通貨大国の韓国で取引を禁止する法案を準備 取引所も捜索

  3. トレンド分析で選ぶ、今投資すべき5つのアルトコイン

  4. 仮想通貨リップル (Ripple)が425円を超える 一ヶ月で16倍以上に高騰

  5. モルガン・スタンレーのCEO:ビットコインは単なる流行ではない

  6. ビットコインゴールドはビットコインとは全く関係がない